« 2012年3月 | トップページ

2012年4月

2012年4月10日 (火)

撮影日記その27: 「NBA CM」編

 さて、今日は何を書こうか。

 2012年も早や4月を迎え日々の日差しがますます強くなるメキシコ・シティー、皆さんいかがお過ごしでしょうか。TakaBrownです。

 3月29日、アメリカのプロ・バスケット・リーグ、NBAのコマーシャル撮影に参加してきました。
これといって特別報告することはないんですが、アメリカ在住のTakaBrownファンの方々(いるのか??)スポーツ・チャンネルで「それっぽいCMを見た」という方、ご一報ください。

 とりあえず報告まで。

 

 

 さて、次の撮影はどうなることやら。

 本日の撮影、午前6時30分集合、午後8時30分終了。

 ご苦労さん、自分。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月18日 (水)

撮影日記その28: 「El Albergue」編

 さて、今日は何を書こうか。

 メキシコも世界の例外ではなく、地震、余震が多発している今日この頃。
皆さんいかがお過ごしでしょうか、TakaBrownです。

 4月2日は新番組「El Albergue」、コメディー・ドラマに参加してきた。

 主人公がインター・ネットで語学学習する回への出演。
先生は皆ネイティブ・スピーカーという触れ込みの英会話オン・ライン・レッスンの画面に登場するのが日本人先生の私、というのがオチ。

 なんだかなぁ・・・

 撮影自体は楽しかったけど、可もなく不可もなくって感じ。

 ところで話は冒頭の地震の話に戻りますけど・・・

 メキシコも最近よく揺れてる。

 我々日本人は他の外国人に比べれば地震慣れしてる。
しかし、日本のそれが上下の揺れなのに対し、メキシコのは回転型。
これにはメキシコ生活15年を迎えた今でもまだ慣れない。

 ジェットコースターから降りた直後の感覚がその日一日続く感じ。
気持ち悪いんだこれが。

 酔う。

 メキシコで地震の度に話題に上るのが85年のメキシコ大地震。
私自身も当時の”ニュース・ステーション”で久米宏氏が「メキシコ・シティーが都市機能を完全に回復するには50年はかかるでしょう」なんてコメントしてたのをよく覚えている。

 メキシコは翌年、86年に”FIFA ワールドカップ”開催を控えており各国から大会運営を危ぶむ声が届き、当然開催地も返上かと思われた。

 まぁー当然だわな。

 この大会は当初コロンビア開催が決定していたものの、財政破綻で不可能となり名乗りを上げたのがメキシコ。
そんな経緯もあって、これ以上開催地を変えられないFIFA、2大会目のチャンスを逃したくないメキシコ。

 そして、メキシコは地震発生から約9ヶ月という短い期間を経てまんまと大会運営をやってのけるのである。
しかも、メキシコ代表は堂々のベスト8入り。

 都市復旧作業もそっちのけで、予算もパワーも全て注ぎ込んだだけのことはあった。
恐るべし火事場の底力。

 これがもし日本だったら・・・
先の東北大震災規模の地震が2001年に起こっていたら、翌年はたして日本はワールドカップを自国開催しただろうか。
仮に復旧作業が完了していたとしても、開催はおろか代表チームの参加も辞退していたんじゃなかろうか。

 そう考えると震災直後にとったメキシコの行動がとてつもない偉業に思えてならないわけで・・・。

 なんか話が本題とは随分ずれたな。
まぁいいか、たまには。

 あ、そうそう最後に皆さんに聞きたかったこと。
防災頭巾って知ってますよね?
我々が小学生時代には、普段は座布団として椅子にひいて使い、避難訓練の時には広げて頭から被ってたあれです。
先日若い世代と話してたら知らない奴もいるみたいで。

 今思えば画期的な品物だったけど、小学校卒業してからお目にかかることもなかったし、他の国であんなもん見たことないなーと思って。
今度帰国したら買ってこようかな・・・。

 さて、次の地震・・・じゃなかった、撮影はどうなることやら。

 本日の撮影、午後6時集合、午後8時終了。

 ご苦労さん、自分。

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ