« 最新作一覧12 ~Axe CMより~ | トップページ | 撮影日記その27: 「NBA CM」編 »

2012年3月20日 (火)

最新作一覧13 ~Sangre de Familia & Hecho en China より~

Hecho_en_china_galleta

↑映画祭で配られた主人公別のお菓子。因みに上段の右端が私。 

 

 さて、今日は何を書こうか。

 季節はめっきり春めいてきたメキシコ・シティー、我が家の蛇口からは水が・・・ 出ない。
(断水、貯水タンクの故障、両方だと思われる。もちろん事前のお知らせなんてまるでなし。)

 みなさん、お久しぶりです。
いかがお過ごしでしょうか、TakaBrownです。

 突然ですが、日本在住の映画ファンの皆さんに質問。
日本の映画館でメキシコ映画って見たことあります?
どれぐらい日本でメキシコ映画が認知され、上映されているのか、ちょっと気になったもんで・・・

「こんなの見たことある」とか「今こんなの上映されてる」とか、情報をお知らせいただけると幸いです。

 さてさて、「グアダラハラ国際映画祭」、今年は私の出演作が2本上映になるとのことで、久しぶりに行ってきました。
今回のトーク・ライブのスペシャル・ゲストはなんと”アンディー・ガルシア”!
すごいよね。

 ちなみに現在ベラクスルス州で行われている文化イベントの「クンブレ・タヒン」でのライブ・ゲストは”ビョーク”と”シネイド・オコナー”と、こっちも豪華。

 メキシコって意外とメジャーなビッグ・アーティストが毎年来るんだよね。
しかも、日本じゃ考えられないぐらいの安い値段でライブとかやってる。

 みなさん、メキシコに来て観光所巡りに飽きた時はこういったライブ・チェックもしてみるといいかも。
意外なお気に入りアーティストが安く見られる可能性は大。

 

 話はそれましたが、「グアダラハラ国際映画祭」もラテン・アメリカ最大の映画祭。
年々スケール・アップして頑張ってます。

 まず、出演作一本目は「Sangre de familia」(血縁)。
この映画の撮影の様子をここでお知らせしたのが約3年前。
「Asesinato en una lavanderia china」という長ったらしい題名が改題され、やっと日の目を見ることになったようです。

 3年かかっても公開されただけマシか・・・

Hecho_en_china_poster_2


 そして、二本目は「Hecho en China」(メイド・イン・チャイナ)。
こちらは一本目とはうって変わって早期のお披露目。
昨年モンテレイでの撮影が終了してから4か月という異例の早さ。
と、言っても今回は特別招待枠での上映だったので、一般劇場公開にはまだもう少し時間がかかるけど年内には公開されるでしょう。
たぶん。(絶対とは言い切れないのが、情けないけどメキシコ)

 どちらの作品とも中国人の役です。
でも、中国語は一言も喋ってません。
一本目にいたっては台詞なし。

 でも、こういう需要が多いんなら中国語、勉強しようかな・・・

 一般公開まで待てない、もしくは、そんなもん映画館で見るほど興味ないって人、コマーシャルでも見てお茶を濁してください。

「Sangre de familia」

「Hecho en China」

Hecho_en_china_taka_rocks

↑撮影中にガブリエル・グスマン監督と

 さて、次の映画祭はどうなることやら。

 ご苦労さん、自分。

 

 

|

« 最新作一覧12 ~Axe CMより~ | トップページ | 撮影日記その27: 「NBA CM」編 »

出演作紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239536/44568551

この記事へのトラックバック一覧です: 最新作一覧13 ~Sangre de Familia & Hecho en China より~:

« 最新作一覧12 ~Axe CMより~ | トップページ | 撮影日記その27: 「NBA CM」編 »