« マジシャン・原大樹 & 「地球アゴラ」生放送!! | トップページ | 撮影日記その26: 映画「Hecho en China」 第二日目 »

2011年10月10日 (月)

撮影日記その26: 映画「Hecho en China」 第一日目

 さて、今日は何を書こうか。

 メキシコ・シティーも朝夕の冷え込みが厳しくなってきた今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。TakaBrownです。

 先週、誕生日の翌日10月3日から7日までメキシコ北部、モンテレイ州で行なわれているメキシコ映画の撮影に参加してきました。

 飛行機で1時間半とはいえ、陸路なら10時間はかかる結構な遠距離。

 気候も文化もメキシコ・シティーとは随分違います。
街並みもメキシコと言うよりはアメリカの小さな田舎街といった印象。
レストランやお店に置いてあるテレビで流れているのも、シティーでは定番のサッカーよりアメフト、野球率が高くなるのも北部の特徴。

 空港について開口一番「モンテレイ、やっぱり暑いね~」って言ったら、「今日はこれでも涼しいほうです」との答え。
翌日からは実際に気温40度の日々が続く・・・。

 空港からホテルに着いて早々、スタイリストとの衣装合わせ。

 中国系マフィアの役なんで定番の龍の刺繍が入ったシャツなど数枚試着。

 衣装担当のおねーちゃん、「本番は今着てもらったシャツの上に革のジャケットを着てもらいます」

 ・・・気温40度でしょ。 まぁ、しょーがない。

 その後はヘア・メイク担当の待つ美容院に連れて行かれ。

 ヘア・メイク担当のおねーちゃん、「髪切って、脱色して、それから染色します。聞いてるでしょ?」

 ・・・聞いてません。

 ここまで来てダダこねてもしょうがないので、「OK、染めるって、何色?」

 「オレンジ」

 まーじー??

 「あ、それから手にタトゥーも入れるから」

 ・・・はい??

 「大丈夫、植物性染料を使った塗料で、何日かで落ちるから」

 一週間経った今現在、まだしっかり残ってます。

 しかも右手の指に刻まれたそのタトゥーの文字は日本語で「ヤ・★・ザ」の3文字。

 中国系マフィアで何故日本語?

 「あの人達は自ら”ヤ・★・ザ”なんてタトゥー入れないよ」なんてアドバイスも虚しく作業は進む・・・。

 いつものことだけど、何で前もって知らせてくれないんだろ?
一抹の不安を抱え翌日の本番へ・・・ つづく

 

 

 さて、第二日目はどうなることやら。

 ご苦労さん、自分。

 

 

メキシコ生活情報

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

|

« マジシャン・原大樹 & 「地球アゴラ」生放送!! | トップページ | 撮影日記その26: 映画「Hecho en China」 第二日目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239536/42433588

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影日記その26: 映画「Hecho en China」 第一日目:

« マジシャン・原大樹 & 「地球アゴラ」生放送!! | トップページ | 撮影日記その26: 映画「Hecho en China」 第二日目 »