« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月21日 (火)

撮影日記その25: 「コロナCM」編

 Photo

 さて、今日は何を書こうか。

 過去に記憶がないほど暑苦しい日々が続くメキシコ・シティー、皆さんいかがお過ごしでしょうか、TakaBrownです。

 昼間は陽射しの照り返しがきつく、テニスをしてもプレイに集中できず暑さとの戦い。
夕方を過ぎるとピタッと風が止まり、無風状態の我が家では朝方に首筋に寝汗を感じ、目が覚める。

 メキシコ・シティーでは自宅に冷暖房を完備している家なんてめったにお目にかかることがありません。
というか、実際に見たことないかも。

 したがって、必然的に夏の我が家ではスッポンポンです。

 しかし今年は例年にも増して一日の全裸時間が長い。

 そんな猛暑が続く6月14,15,16日に行ってきたのがカンクン・ロケ。
メキシコ・シティーがこんだけ暑いんだからカリブ側のビーチなんてどんだけ暑いんだ、と容易に想像はできたものの、空港を出た瞬間から想像を絶する目が眩む様な太陽光線が突き刺さり、ア~チ~チ、ア~チ by 郷ひろみ

 カンクンは世界屈指のビーチ・リゾート地。
日本の皆さんにもハネムーンやダイビングでお馴染みだと思います。
ロケ地はそこから1時間半ほど南下してプラジャ・デル・カルメンを過ぎ、トゥルム遺跡のちょっと手前。

 まずはホテルに直行してラウンジで冷たいビールでも一杯・・・。

 てなわけにもいかず、現場へ直行で、そのまま翌日の本番に備えて衣装合わせ。
そこで明らかになったのが、現地のエキストラの皆さんの合流。

 その数、なんと50人!!

 現地のエキストラと言っても、ほとんどアルゼンチン人。
今ではこの辺一帯がアルゼンチン人居住区と化して、メキシコらしい趣きはまるで無し。
土地を古くから知るメキシコのおっちゃん達に言わせれば、政府のリゾート開発計画が施工されるほんの20年ほど前までこの辺りは何もない純白の砂浜が永遠に続く、それはそれは美しい海だったそうで。

 今でも十分きれいだけど、一目その光景を拝見したかったね。

 結局、衣装合わせに4時間もかかりホテルに着いて冷たいビールにありつけたのは午後4時過ぎ。

 ホテルはリゾート地らしく素敵な場所を用意していただいたけど、困ったのが蚊の大群!!
部屋を出るために扉を開けること約1秒、部屋に入ってくる蚊、約10匹!
こいつらには最終日まで悩まされた。
刺された箇所は数知れず。
ざっと数えただけでも30箇所超。

 翌日は朝5時から起床して撮影準備。

 現場に到着して、「う~みよ~、俺の海よ~ by 加山雄三」なんて感傷に浸るのも束の間、手渡されたのが、革靴、チノパン、ワイシャツ、ネクタイ、そしてセーター。
もちろんその日の衣装です。

 その格好で灼熱のビーチを走る、ただひたすら走る、そしてまた走る。

 殺す気かっ!!!

 ビーチだよ?
 カンカン照りだよ??
 体感気温40度???

 久しぶりの遠征ロケでちょっとは期待したけど、2泊3日の滞在で海でゆっくりできたのは夕方の計4時間ぐらい。

 ちなみに今回のロケはコロナ・ビールのCM撮影。
しか~し、ビールの支給は一切なしっ!
撮影終わったあとに1本ぐらいくれてもいいじゃん、ね?
海なんだし。

 でも過去の経験から言ってもCMの商品が出演者に支給されることはまずない。

 なぜだ!

 なんかくれ!!

 それでも贅沢と言えば贅沢だけど、ん~、やっぱりあれだね、海にはバケーションで来るもんだね。

 あっ、それから奥さん、この夏カリブ海沿岸の旅行計画を立てているなら蚊よけ対策はお忘れなく。

 

 さて、次回の遠征ロケはどうなることやら。

 ご苦労さん、自分。

 Photo_2

 この衣装、しぼったら汗が出ます。
カリブ海のビーチをこんなかっこで走り続けたことある人、手を上げて!

 お友達になりましょう。

  

 

メキシコ生活情報

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »