« 「世界の車窓から」ごっこ | トップページ | 撮影日記その23: 「Los demonios con vodka」編 »

2010年11月 9日 (火)

誕生日に頂いたそいつを完成させるべく街を彷徨う

 さて、今日は何を書こうか。

 はや、一か月前のこととなってしまった私の誕生日に、ケンタ夫妻(夫B型、妻B型)に頂いたある物に私は大喜び(うちの相棒の第一声は「気持ち悪い」)したのだが、これが未完成の代物で。

 これを完成させるために、街の色々なお店、売店を散策すること一か月とちょっと。

 しかし、なかなか似合った物が見つからない。

 先日、撮影の時に衣装さんに教えてもらったお店を思い出し、昨日そのお店を訪ねてみることに。

 どうせならワニやヘビの立派なものをと思い店内を物色する。

 あるにはあるが少々値段が張る。

 んんーーー、1000ペソ以上はちと高い。

 サメのものが気に入ったがサイズが合わない。

 そこで値段とサイズのバランスの取れたシカのものが気に入り、それを購入。

 ここにやっとシカとサソリの奇妙なコラボレーションが実現し、やっと日の目を見るある品物。

 それがこいつ。↓

 

 Escorpion

 かっこいいでしょ?

 ショッカーの怪人がつけてそうなベルトの完成だ!

 ありがとうケンタ夫妻。本気で喜んでます。

 ただ、彼らがくれた代物はバックル部分だけで、自らこいつに似合うベルト部分を見つけるために右往左往していたわけです。
写真じゃ分かりにくいけど、このバックルがでかいんで、まずこのチャンピオンベルト級のサイズに合うベルトを探すのに一苦労。

 それならと、ウエスタン・ショップに出向いてワニやらヘビやらサメやらの本革ベルトを見つけたはいいけど、さすがに高い。

 迷った挙句、最後はシカ革で決まり!

 メキシコにはこんなのがウヨウヨしてます。

 郊外のロケで山や森に出向くときは要注意です。
実際に今までにもサソリ、タランチュラ、ムカデなどの凶暴毒虫たちに遭遇したことがあります。

 特にメリダのトイレに潜んでた大ムカデにはさすがにびびった。
こっちが局部丸出しなのをいいことに、アレめがけて襲い掛からんばかりの勢いだったからね。

 北部では特にこの手のサソリが家の中にも出るらしく、外出する前、靴を履くときには必ず靴を逆さまにして”パン、パン”と叩くのが習慣化しているそうです。

 なぜならよくこいつらは靴の中に身を潜めているそうで。

 お~~、怖っ!!

メキシコ生活情報

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

 さて、次の頂き物はどうなることやら。

 ご苦労さん、自分。

|

« 「世界の車窓から」ごっこ | トップページ | 撮影日記その23: 「Los demonios con vodka」編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239536/37605266

この記事へのトラックバック一覧です: 誕生日に頂いたそいつを完成させるべく街を彷徨う:

« 「世界の車窓から」ごっこ | トップページ | 撮影日記その23: 「Los demonios con vodka」編 »