« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月24日 (土)

撮影日記その17: 「Pillsbury CM」編

 さて、今日は何を書こうか。

 前回は4月16日か・・・

 またずいぶんサボったな。
皆さん長らくお待たせいたしました。3ヶ月ぶりのブログ更新です。

 しかしよく降りますね。雨。
メキシコも本格的に雨季に突入して4月、5月の暑さはどこへやら。
日本では数年ぶりの猛暑だそうですが、こちらでは豪雨警報も発令される肌寒い日々が続いています。

 世間話はこのぐらいにして・・・ 
まず4月を振り返ると、スケジュール帳に「4月29日、Pillsbury CM」と記されています。

 この会社、メキシコでも日本でもそんなに知られていませんが、アメリカのパン製菓会社です。
そして今回のこの撮影も当然アメリカ向けのコマーシャルです。
私もこのメーカーの名前は聞いたことがなかったので、調べてみたところ日本販売はされていないものの、日本人がアメリカに滞在した際のお土産としては好評なようです。
特に面白そうなのはパンの生生地が詰まった缶詰のような物。
パン生地をこねてオーブンに入れるだけで手軽にお家で焼きたてのパンが楽しめるという代物。

 残念ながら私が参加した撮影は別の商品ので、主に子供をターゲットにしたパン菓子のようです。

 そこで私が演じたのは日本人カラテマン
「もうカラテマンが瓦割りしても割れないような硬いパンとはサヨナラ、今度の新商品はこんなに柔らかくてふっくら」というのが商品のセールスポイントらしく、この日私は滑稽に空手チョップを繰り返してきました。

 まだ完成したコマーシャルは見せてもらっていないのですが、「Karate Kid」のリメイク版が上映されたりと、アメリカではまたカラテのブーム再来の兆しがあるんでしょうかね。

Karatemandirector2

ポチッとよろしく! 

メキシコ生活情報

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

 さて、次の撮影はどうなることやら。

 本日の撮影、午前10時集合、午後6時終了。

 ご苦労さん自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

撮影日記その18: 「Telmex CM」編

 さて、今日は何を書こうか。

 私、以前日本語教師をやっていた関係で毎年メキシコ・シティーで行われる、日本語弁論大会の運営をボランティアでやらせてもらっています。
遅ればせながら、この場を借りてお礼申し上げます。
関係者各位の皆様お疲れ様でした。
来年もまたよろしくお願いします。

 5月はその弁論大会の最終準備に追われた日々を送っていたのですが、6月に入り、いよいよワールドカップが始まるぞモードも高まってきて、テレビのコマーシャルも殆どがサッカーに絡めた物ばっかりになってきていたそんな頃。

 もうこれから撮影しても大会開始に間に合わないんじゃないの?って感じの6月の2日にメキシコの電話会社、Telmexのワールドカップ・バージョンのコマーシャルに参加してきました。

 コマーシャル自体は相変わらずくっだらない物だったけど、主役のアンドレス・ブスタマンテは私も好きなコメディアンだったので会えてよかった。

 アンドレス扮する科学者が自身の発明品を披露するシーンに、そのアシスタントとして参加しました。
内容はサッカースタジアムで起こる観客の「ウェーブ」の力を利用して電気を発電するという・・・ 
くだらないでしょ。

 あの「ウェーブ」、スポーツやコンサートの観客席で誰ともなく立ち上がって両手を上に上げて座る事を会場の観客全員で繰り返して、波の動きを観客席中に巻き起こす、あれです。

 今大会中ずーっと、あの「ウェーブ」は86年のワールドカップ・メキシコ大会開催時にメキシコ人達が発明した物だとテレビ・コマーシャルで言っていたんですが、ほんとなのかな?
確かにそれ以前にあの動きを見た記憶はないけど、にわかには信じがたい事を自信を持って「Nosotros inventamos」(我々が発明した)と、威張って言ってましたね。
それ以前に我々がやっていたと言う外国人の方の反論コメントお待ちしています。
(日本が発祥地ではないのは確かだと思うので。)

 大会の結果はメキシコ、日本共にベスト16での敗退。
しかし、その内容はメキシコは開幕第1戦で各下相手の南アフリカ戦を引き分け、第2戦、絶不調のフランスには快勝したものの、第3戦は終わってみればベスト4まで勝ち上がった絶好調ウルグアイ相手に全く歯が立たず。
決勝トーナメント第1戦ではオフサイドの誤審はあったもののアルゼンチンにこてんぱんにやられ、あえなく敗退。

 一方、日本は多くの大会前の下馬評を覆し見事予選リーグ突破。
決勝トーナメント第1戦、パラグアイ相手にPK戦で敗れはしたものの、結果だけ見れば同じベスト16敗退のメキシコとは全く印象の異なる大会となりました。

 前大会・ドイツ大会で日本が全く見せ場無く敗退したおかげで、ここ4年は日本人タレントを使ったサッカー関連のコマーシャルも見られなくなっていました。
でも今大会の日本代表の活躍でまた見直されたんじゃないかな。
もう一人の日本代表・日本人の西村審判も高評価を受けてたし。
次の大会では私にも審判役のコマーシャルとかまわってこないかな。

ポチッとよろしく!

メキシコ生活情報

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

 さて、次のワールドカップはどうなることやら。

 本日の撮影、午前7時集合、午後6時終了。

 ご苦労さん、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月26日 (月)

撮影日記その19: 映画「Castidad」編

Takabruno

                                 ↑ブルーノさん

 さて、今日は何を書こうか。

 サッカー観戦の一ヶ月が終わりを告げ、通常の日々に戻りつつある今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 7月24日がこのブログの1周年記念日だったということに今、気が付きました。
正直、「よく続いたな」といった心境です。
これからも皆さんご愛読よろしくお願い申し上げます。
なるべく間を空けないよう更新していきたいと思います・・・ なるべく・・・ なるべく・・・

 ワールドカップが終了した次の日、7月12日にクランク・インしたメキシコ映画「Castidad」に14,15,16日の3日間参加してきました。

 映画「Castidad」ホームページ: http://www.castidadlapelicula.com/

 通常、俳優達が映画出演する為にはオーディションを受けて合格しないといけないわけですが、実は今回この作品に出演するにあたっては私、オーディションが無かったんです。

 と言うのも以前この映画の監督、Joaquin Bissner監督が主催する俳優養成講座を受講していたことがありまして。
その講座の初日に私が自己紹介で「コメディーがやりたい」と言ったのを覚えていたらしく、この映画の配役をする際に「日本人の役書いたから、お前やれ」と、監督直々に電話がかかってきて事の運びとなったわけです。

 その講座を受けたのなんて、4年ぐらい前の話しだし、他にもたくさんその監督の講座受けてる人はいるのにわざわざ私のとこに電話くれるんだから、そりゃ、嬉しいですよ。
しかもセリフ有りの結構いい役どころですから。

 主演はこの監督お気に入りのBruno Bichir
この方はBichir兄弟と呼ばれる、兄弟3人とも俳優ファミリーの次男の方。
日本で言えば「田村3兄弟」みたいな存在でしょうか。

 ストーリーはこれまたメキシコでは有名な女ったらし俳優、故マウリシオ・ガルセスのトリビュート映画。
内容は一言で言えばラブ・コメディー。
私の役どころは”コメディー”部分の”ボケ”担当と言ったところでしょうか。

 ブルーノ演じるルーカスは結婚を間近に控えた売れっ子作家。
ところがこの人物がとんでもない女好きで、婚約相手にも愛想をつかされ診療所で一度診断してもらうことに。
その結果はタイガー・ウッズの愛人騒動でもお馴染みとなった性依存症。

 婚約相手の「その病気を治すまでは結婚は無し!」の一言で、一人、新作を書きながら隔離治療を施すという名目で人里離れた山奥の小屋に送り込まれるのですが・・・

 これから先は日本語とはいえ、監督に怒られそうなので言えません。
何しろまだ撮影中の映画で公開は来年の秋、冬ぐらいでしょうから、皆さん長~い目で、長~い目で見守ってやってください。

 私の出演シーンに関しては監督との1対1の打ち合わせがあり、細かい指導を受けたのですが、スペイン語をまだよく話せないという設定がまた難しい。

 メキシコ人が想像するところの「日本人ならこういう間違いをするだろう」、「こういうイントネーションで話すだろう」といった創造が、そのまま台本に書かれているわけです。
私は「日本人はそういう間違え方はしないんだけどなー」と思いながらも、監督の指導を基に役作りをして出演者全員による台本読みリハーサルに挑んだわけです。

 ここで私、試してみたんですね。
私が普段接するスペイン語初心者の日本人の話し方、即ち、監督の指導とは異なるイントネーション、で読んでみたんです。

 笑い所なのに出演者一同、「 ・・・ 」。
 そこで案の定、監督のストップがかかり「打ち合わせ通りにやれ」の一言。

 今度は監督に言われていたとおりに読むと、うけるんですね、これが。

 メキシコ人の笑いのツボをまた一つ抑えた、勉強させてもらったと思える瞬間でした。

 さー、私のシーンは全てメキシコ・シティー内で終わりましたが、現在はトラスカラ州で撮影続行中です。

 みんな頑張れ!!

ポチッとよろしく!

メキシコ生活情報

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

 さて、次の撮影はどうなることやら。

 14日の撮影、午前10時集合、午後8時終了。
 15日の撮影、午前11時集合、午後11時終了。
 16日の撮影、午前11時集合、午後6時終了。

 ご苦労さん、自分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年8月 »