« 映画鑑賞日記: おくりびと | トップページ | 撮影日記その16: 映画「Rock Mari」編 »

2010年3月30日 (火)

撮影日記その15: 「Pepsi Kick CM」編

 さて今日は何を書こうか。

 いや~危ない、危ない。
気がついたら明日でもう3月も終わりで、また一ヶ月丸まる更新せずに終わるところでしたね。

 日本は例年なら桜前線情報の便りが届き始めてもよい季節ですが、真冬のような寒い日々が続き東京でも雪が降ったとか。
メキシコシティーでは来週からサマー・タイムが始まり、もうすでに夏到来といった気候です。
日中はこの4月、5月が一年で一番雨も降らず、気温が上がる時期です。

 そんなお寒い中の日本の皆さん、お暑い中のメキシコのみなさん、いかがお過ごしでしょうか。
TakaBrownです。

 さて、季節のご挨拶はこれくらいにして今日はまず旅人・圭介くんの近況からお届けしましょうか。

 メキシコはユカタン半島・カンクンを経由し、無事出国。
ベリーズに南下した後、離島・キーカーカーに渡り天気は悪かったものの、十分島をご満喫。
グアテマラで遺跡を激写した後は一気にバスでその他中米小国をすっ飛ばしてコスタリカまで下り、ジャングルの自然と戯れた後、パナマ入国。
パナマ運河の絶景を堪能した様子。

 体調不良は相変わらずで、バスで居眠りしている間に聞いたこともないような場所まで連れて行かれて引き帰したり、色々遠回りしながらも現地で知り合う旅人たちから情報を得ながら何とか生きているようです。
コロンビアに入国すると言うので、このブログの読者でもあるボゴタ在住の日本人、narumiさんと連絡を取り、落ち合う予定だったんですが、残念ながら先方さんの都合で断念。
しかし、メキシコ在住のシンちゃんご推薦の塩の洞窟、教会には訪れたようで感激しておりました。

 と、ここまでが3月の初めまでの情報なんですが、早一ヶ月、それ以降の足取りが一切掴めていていません。
南米在住の読者の皆さん、引き続き旅人・圭介を目撃の際はご一報をお寄せください。

 で、本題の私の近況ですが。

 2月にお手伝いをさせていただいた、日系移民シンポジュームに出典のためのドキュメンタリー映画の字幕翻訳が終了し、先日無事公開になりました。
日本から来墨された監督さんとも直接お話ができて貴重な体験でした。

 3月の10日にはPepsi Kickというペプシ・コーラのCMに参加してきました。

 メキシコ在住の方々はテレビでご覧になった方もいると思いますが、カフェイン、高麗人参エキス配合の眠気覚ましに効くというあれです。

 今回の役どころはクリーニング屋でアイロン掛けする東洋人。
この洗濯屋、クリーニング屋を営む東洋人のイメージって何なんでしょうね。
ハリウッド映画の影響なんでしょうか。
実際にアメリカ合衆国内ではこの手の商売を経営する中国系、日系の人達って多いらしいんですけど、メキシコでは見たことありません。
他の中南米ではどうなんでしょうか。

 まだOn Air前のCMなので詳細は見ていただいてからのお楽しみ。

ポチッとよろしく!

メキシコ生活情報

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

 さて、次の撮影はどうなることやら。

 本日の撮影、午後1時集合、午後6時30分終了。

 ご苦労さん、自分。

|

« 映画鑑賞日記: おくりびと | トップページ | 撮影日記その16: 映画「Rock Mari」編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239536/34012531

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影日記その15: 「Pepsi Kick CM」編:

« 映画鑑賞日記: おくりびと | トップページ | 撮影日記その16: 映画「Rock Mari」編 »