« 撮影日記その14: 「ドリトスCM」編 | トップページ | 撮影日記その15: 「Pepsi Kick CM」編 »

2010年2月13日 (土)

映画鑑賞日記: おくりびと

 さて、今日は何を書こうか。

 メキシコでも去年の暮れからアカデミー賞・外国語映画賞を受賞した日本映画、「おくりびと」が公開されています。
映画上映のサイクルが早いメキシコでは、単館劇場のみの公開でこんなに長い間上映が続く作品は結構なロング・ヒットです。
ほんとに客の入らない映画なんて1週間で打ち切りになったりしますから。

 「おくりびと」はそれだけメキシコ人にも受け入れられているということで、それ自身は日本人としても喜ばしい事なんですが、気になるのはスペイン語訳のタイトル。

Violines en el cielo」と言うのがラテンアメリカ公開向けのタイトル。

 それを日本語訳するとすれば「空の上のバイオリンたち」。
「空の上」はおそらく天国にかけてて、そこまではまだいい。許せる。

でもバイオリンって何だよ。
しかも何で複数なんだよ。

 劇中、モッくんが弾いているのはバイオリンじゃないし、なぜそれが複数になるのかもさっぱり分からない。

 アメリカ合衆国内での英語タイトルは「Departure」=「出発」。
これはいいですよ。
あの映画の中であくまでも送り出す側に主観を置くか、送り出される側を主観とするかは見る側の自由です。
ああいった職業が存在せず、文化の違いを踏まえた上で遺体側に主観を置き、天への旅立ち(=出発)を描いた映画と捉えてもいいと思います。
そういう見方で普通のアメリカ人に日本の風習を紹介しようとしたアメリカのやり方は間違ってはいないと思います。

 それに引き換えメキシコの情けないことといったら・・・

 この映画、実は私自身は先にDVDで見ていて、劇場に足を運んではいないんですね。
でも先日別の映画を見に行ったときにこのポスターが映画館の中に張ってあって、それがバックに青空が広がる草原の中に椅子を置いてモッくんがチェロを弾いている写真なんです。note

 もうね、このポスター見た瞬間にピンときた。eye
「このスペイン語タイトルつけた奴、内容もろくに見ないでこのポスターのイメージだけでタイトルつけやがったな」というのが見え見え。

 メキシコがこういった作品に対してより文学的な題名をつけたがったり、見る方もそれをかっこいいと思うのは今に始まったことじゃないんですよ。
でもちょっと酷すぎ。

 じゃあ、百歩譲ってチェロとバイオリンの見間違いをよしとするとしましょう。
(これもありえない話ですが。)

 なぜ複数のバイオリンなんでしょうか?

 比喩的にバイオリンを遺体に見立てて、天に召された死体の数だけ複数?

 天に召された死体の数だけ演奏を奏でた為に複数?

 いくら考えても皆目見当もつきません。

 誰か私の疑問を解いてくれる方、コメントお待ちしております!!

 あ、あと、中南米で旅人・圭介くんを見かけた方からのコメントも引き続きお待ちしております。

 

 さて、次の映画鑑賞はどうなることやら。

 ご苦労さん、自分。

メキシコ生活情報

にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

|

« 撮影日記その14: 「ドリトスCM」編 | トップページ | 撮影日記その15: 「Pepsi Kick CM」編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この映画に関してはTakaさんと同じ事を思いました。メキシコ人の主人も同じこと言ってましたよ。
めちゃくちゃなタイトル多いですよね。
崖の上のポニョとかも変なタイトルだったような・・・

投稿: keizous | 2010年2月13日 (土) 20時35分

けいぞうさん:

そりゃメキシコ人でもちゃんと内容見ればそう思うよねー。
で、だんなさんは何でバイオリンは複数形なんだって言ってます?


ポニョは「Ponyo en el acantilado」で、原題のままじゃないですか。

投稿: TakaBrown | 2010年2月13日 (土) 21時21分

私が見たのは違うタイトルだったよ。

主人に聞いてみるね。複数形のこと・・・

投稿: keizous | 2010年2月14日 (日) 08時51分

主人に聞いてみたところ「タイトルをつけている会社の人が頭が悪いんだ!」と怒っていました。
ただ、儲けたいだけでメキシコ人が気に入りそうなタイトルをつけているんじゃないかとの返答です。

投稿: keizous | 2010年2月14日 (日) 11時31分

私も同感です。

投稿: TakaBrown | 2010年2月14日 (日) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239536/33372039

この記事へのトラックバック一覧です: 映画鑑賞日記: おくりびと:

« 撮影日記その14: 「ドリトスCM」編 | トップページ | 撮影日記その15: 「Pepsi Kick CM」編 »