« 撮影日記その8: 続「Los Simuladores」編 | トップページ | 撮影日記その10: 映画「Asesinato en una lavanderia china」編 前編 »

2009年8月 4日 (火)

撮影日記その9: 「Steren CM」編

24851_381498518306_213948758306_357  さて今日は何を書こうか。

 7月28日、この日はSterenというメキシコの電化製品店のコマーシャル撮影に行ってきました。

 撮影場所はEsutudio Churubuscoと呼ばれるメキシコのハリウッド・・・ と呼ぶには到底規模は及びませんが、一応撮影業務の全般を補うメキシカン・シネマの天地です。

 メキシコ映画にとどまらず、本場ハリウッドや諸外国の映画撮影がメキシコで行われる時も必ずと言っていいほどここを拠点に作業が進められます。

 ざっと思い当たるだけでも、「ランボー」、「タイタニック」、「ドラゴン・ボール」等、様々な映画がこのEstudio Churubuscoの協力によって制作され、世界的ヒットを収めました。

 数年前にはメル・ギブソンが監督した「アポカリプト」が全編メキシコ撮影を敢行。
当初の予定を大幅にオーバーし、ベラクルス・ロケが10ヶ月にも及んだにもかかわらず、全ての工程をバックアップしました。
メル・ギブソンはベラクルスから帰ってきた後も2ヶ月近くこのスタジオにこもり、ベラクルスで収録したフィルムに撮り残しがないか全てチェックし、編集作業を一通り終えてからアメリカへ帰って行ったそうです。

 その頃私、TakaBrownもたまたまスタジオ内の通路で彼とすれ違ったことがありました。

 今までにもジャック・ニコルソン、アントニオ・バンデラス、キャサリン・ゼータ・ジョーンズ、デニス・クエイド、フォレスト・ウィテカーと競演・・・ 
すいません、嘘つきました。
仕事中にすれ違った事がありました。
でもやっぱり、ハリウッド・スターって独特のオーラがあります。
特にフォレスト氏とは待ち時間に10分ほど二人っきりでお話しできるチャンスがあって、良い経験になりました。
私が聞いた役作りについてとか、「ちょっと痩せたんじゃない?」なんてつまんない質問に非常に神妙に、紳士的に答えてくれて、上記のスター達とも全く違う彼独自の雰囲気を発していたのはとても印象的でした。

 そんなメキシコのハリウッドでこの日お会いできたのはディエゴ・ルナ。

 彼も私がメキシコに来た頃はまだあどけなさの残る少年で、テレノベラで「ママー、宿題したくないよー」とか言ってたのに、今ではガエル・ガルシアと並ぶメキシコを代表するスター俳優に成長。

 実はわたくしTakaBrown、彼とは非常に縁があって、訳も分からずこの仕事を始め、初めて競演した(この時はほんとに競演しました!)スターが彼。

 その後も何度か一緒に仕事をしたんですが、この日は我々がCM撮影するスタジオの正面の別のスタジオで映画の撮影をしていました。
で、たまたま私がスタジオ”6”に入ろうとした時に、たまたま彼がスタジオ”4”から出てきて休憩してるところにばったり遭遇。

 このディエゴの映画、彼が監督もするって聞いたもんで、「これはチャ~ンスッ!!」とばかりに自分の仕事もそっちのけで御挨拶。

 「新しい映画撮ってるんだって?」

 と聞いて有無を言わさず、「じゃ、日本人役が必要だったら連絡してねっ!!heart02

 と言い放ってすかさず、これもたまたま持参していた自分の宣伝用の写真を手渡し、満面のニコニコsmile笑顔で握手して別れて、自分のスタジオに。

 ディエゴ・ルナに直接自分の写真手渡せる場面なんてそうそうないでしょ?

 まぁ、見てなさいって奥さん。

 次回作への出演依頼の電話がディエゴから直々にかかってくるから。

 その後始まったCM自体は久しぶりに、ほんと~に、つまらん撮影で・・・

 メキシコの会社Sterenはアジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ合衆国から優秀な商品を輸入して取り揃えてますよ、みたいなコマーシャル。
”Producto”(商品)と書かれたT-シャツを着せられ、我々はその輸入された商品役。
段ボール箱の中に入れられ、立たされっぱなしで、そのまま3時間の放置プレイ!!

 この説明読んでも、よく分かんないでしょ?

 ほんとにつまんない撮影でオン・エアを見る気も起こらん。

 そんな訳で今回は昔話とディエゴとの再会の話を中心にお届けしました。
数ある撮影の中にはこういうこともあります。
ディエゴからの朗報を期待して、今日のところはこの辺で。

 

 さて次の撮影はどうなることやら。

 本日の撮影午前10時半集合、午後2時終了。

 ご苦労さん、自分。

メキシコ生活情報 にほんブログ村 映画ブログ 映画監督・映画俳優へ
にほんブログ村 にほんブログ村 海外生活ブログ メキシコ情報へ
にほんブログ村

|

« 撮影日記その8: 続「Los Simuladores」編 | トップページ | 撮影日記その10: 映画「Asesinato en una lavanderia china」編 前編 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
おー、ディエゴ。ディエゴ好きです。
そのわりにあんまり映画見たことないんですけど。タイミングが合わなくて。
Takabrownさんへのオファーも楽しみですね。

投稿: narumi | 2009年8月 5日 (水) 08時54分

narumiさん、珍しいですね。
私の周りの日本人女性は皆「ガエル・ガルシアの方が好き」と言う人ばかりで、ディエゴ人気薄です。
去年公開になった「Rudo y Cursi」という映画見てください。
メキシコ過ぎてくだらないんですが、ディエゴとガエルが競演しててあの二人を対比をするには良いかも。

投稿: TakaBrown | 2009年8月 6日 (木) 03時08分

ガエル、人気ありますよね。私はガエルはちょっと隙がなさすぎて、好きとか嫌いとか特に感じないんですが。
『Rudo y Cursi』、コロンビアでも公開終わってしまいました……。映画館で予告を見ておもしろそうかなと思ってたんですが、最近腰が重くてなかなか映画館に行かず。映画も高くなってきましたし。テレビ放映を待ちます。

投稿: narumi | 2009年8月 7日 (金) 08時22分

はい!!
おまっとさん
やってきましたよ
火の国の熟女が!!!
最近はドラクエにはまってて
家に帰ってもあんまり
パソコン開かず・・
でも、blogチェックは
忘れてませんでしたから

Takabrownの同居人の
友達でnaoっているんだけど
その人のblogにコメントしたら
普通にメールで返事が返ってきて
どういうこっちゃと思い
その後他の人のコメントには
ちゃんとコメントしてあったのを見て
多少コメント恐怖症になっておりました

blogを読んでると・・
Takabrownは普通のエキストラじゃにゃ~とですか?
メキシコでは
結構名が売れてる?
大物の名前が続々出てくっけん
目を点にして読んどります。

・・こんなコメントじゃ
また同居人が腹かくは!!

投稿: まる姐さん | 2009年8月 8日 (土) 00時48分

お久しぶりです。
熟女の柴崎コウこと〇姐さん。
俳優のTakaBrownです。
普通のエキストラじゃございません。
〇姐さんがガンガン更新しろって言うから、うちの肥後娘に怒られながらも(夜寝ないから)更新してたのに今更ドラクエですか?
新しく「アクセス地域ランキング」ってのサイド・バーに貼り付けたら熊本が見事第二位に輝いてます。一位になるまで頑張ってよ。
私もドラクエに負けない面白い記事書きます。
追伸:ばってん荒川もコロッケも水前寺清子も八代亜紀も森高千里も、みんな立派なA級芸能人ですから。

投稿: TakaBrown | 2009年8月 8日 (土) 03時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1239536/30837648

この記事へのトラックバック一覧です: 撮影日記その9: 「Steren CM」編:

« 撮影日記その8: 続「Los Simuladores」編 | トップページ | 撮影日記その10: 映画「Asesinato en una lavanderia china」編 前編 »